子供のうちに治療をして、健康的な生活を送りましょう

歯の治療の大切さしっかり治療するため歯科を探そう

治療方法について

矯正治療費の傾向について

矯正歯科治療の総額費用は、矯正器具によって異なります。 一般的とされているマルチブラケット法は約60万円とされ、装置の材質や装着場所により金額が上下することになります。歯の裏側上下に装着するリンガルブラケット法は平均110万円、裏側の下顎に装着するハーフリンガルは平均90万円とされています。 最新の矯正治療法として名高いセルフライゲーションシステムは、平均70万円とマルチブラケット法に比べて少し割高となります。治療期間が短いという特性を持ちますが、治療期間によって費用が変わらない料金プランが増えてきたこともありコスト面にはそれほど影響しないものと思われます。 治療費については歯科医院によって金額に差があるため、1つの目安程度として捉えることが肝心です。

矯正治療の今を考える

矯正歯科治療の歴史はこの100年間で大きく、またはゆるやかに変化したように感じます。当時の技術力では矯正治療には抜歯が必要不可欠であり、健康的な歯も躊躇なく抜かれていた時代です。現代では治療に支障が出ないレベルで歯を抜かない方針を貫く歯科医院も多くなったようにも感じます。それでもまだ少ないことには変わりはありませんが、治療に対する考え方が今でも少しずつ変化していっているような気がしてならないのです。 矯正歯科治療は矯正装置の開発により大きく変化しています。新しい矯正装置や器具にはさまざまな特性があり、患者の症状や生活スタイルに合わせたものが多く誕生しました。日本において矯正歯科治療の普及率を上げるためには、そのような工夫が必ず必要となってくると思われます。